蜂谷潤が日々の生活の中で感じたこと、考えることをここに綴ります。
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
NewEntry
Profile
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
Mobile
qrcode
Sponsored Links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



2015.04.08 Wednesday 
- -
生産者と消費者が繋がる重要性を体で感じた

先日、自然児ふくちゃんと東京に行ってきました。

もともとは、おもしろそうなイベントがあったから、ちょっといってみようかな。という感じだったのですが、行く直前に気づけば、高知から、おもしろい2人が来るぞ!といったイベントになってました。笑

2人で高知から夜行バス、電車を乗り継いで、半日以上かけて移動したにも関わらず、2人の手はいっぱいの荷物で、ふくちゃんは、両手に荷物と、リュックを背負い、自分は、ごろごろのかばんを引っ張りながら、カバンと発泡スチロールを抱え、目的地に向かいました。

ここまで、苦労して運ぶのにも理由があって、本当に鮮度のいいものを最高の状態で届けたいから。自分の手を離れるといろいろ不安なんです。

今回の行った先では、ふくちゃんと2人でちょっとした料理を振舞うようになっていて、ふくちゃんは、自分でとったイノシシや、自分で育てた生姜を。


おいらは、自分で育てた海藻や、定置網でとれた魚を鮮度保持して最高の状態で。

そして、2人でふるまった、数々の料理。

気付けば30人近くの人が集まってくれていて皆が笑顔で喜んでいただいてくれました。

その後は、今の暮らしや、活動を報告するような時間をつくってくれたりと、食から始まり、たくさんの繋がりがここでも生まれました。

本当に自分たちが納得いくうまいものだけを本気で提供することで、相手もしっかりと反応してくれて本気で返してくれる。

やっぱり、相手の顔が見えるっていいなって。改めて感じた。
生産者と消費者の顔の見える関係の重要性ってのが頭でなくて、体で感じられた。
今後、アワビや海藻をガンガン作っていく上で、定期的にこういう時間も必要だな。
月1回とかでも続けていきたいな。
そうすることで、相手のニーズもわかり、人に出せないようなもんなんて絶対に作りたくないって思えるから。

農家や養殖場で、家庭用と販売用と分けて作るような話もよく聞く。

そんなこと、絶対にやりたくない。相手の顔をみることで、間違った道は絶対に進まない。

今回の旅は、ホントに素敵な繋がりがたくさんできた。

みなさんありがとう。

1月の室戸ツアーの告知もできたし♪
内容しっかり詰めていかなければ。また、詳細できたらアップします。

帰る直前の写真です。
写真とれてなくてすみません。



2011.12.13 Tuesday 22:35
- comments(0)
商品化への道 その2
 クロシビカマス商品化への道はまだまだ続きます。
最近は、料理人の手に渡り、可能性を探っていただいております。

ん〜なかなか難しいなぁ。

ほぉ、こんな魚がいるのか。

骨の入り方は…フムフム

クロシビカマスが旅をしています。

反応が楽しみだ。


2011.12.11 Sunday 19:00
- comments(1)
0円魚-商品化への道
最近また、水揚げされ始めました。
クロシビカマス(室戸ではガラ・ウケと呼ぶ)。


以前紹介したように、このお魚、ほとんど商品価値0で売り物になっていない。
 
なんとか商品化しよう!ということで、地元の漁師のおんちゃんやおばちゃんと加工中。

こうやって、みりんや、唐辛子や塩などにつけこみ干物に挑戦!
しかし、この魚、小骨が多くて厄介。

干物にしても多少気になってしまう・・・。
味はいいのだが・・・。

ん〜・・・。
照り焼きっぽくしても味はいんだけどなぁ。骨が・・・。

小さいやつはおいしくたべれるんだけどな。。
ちょっと大きくなっちゃうとだめだぁ。

商品化への挑戦は続く。
この挑戦に協力してくれる人は連絡ください。サンプル送ります。


2011.12.02 Friday 21:05
- comments(1)
深層水利用学会 2011
先日、深層水利用学会で、伊豆へ行ってました。

自分は、
「海洋深層水排水を利用したアワビ生産に及ぼす栄養塩と溶存酸素の影響」
というテーマで発表してきました。

現在、深層水は日本では何カ所もひいてかなりメジャーとなってきています。
しかし、深層水を利用した水産事業ってのはほとんどない。
今回の発表聞いていてもあらたにうまれそうな、深層水の水産事業ってのも特になかった。

やはり、水産利用するには日本は深層水の水温が低すぎるんです。
動物はたいてい20℃前後でよく成長するが、深層水は高くても10℃・・・。

だから深層水を温める必要がある。しかし、そこにコストをつぎこむと採算性に合わない。

とのことから、より南部で深層水を取水し、表層水や外気温により温める必要があるのです。

今、日本の南部で勢いにのりつつある国があります。

それは台湾。

九州よりややでかいぐぐらいの台湾で、深層水3本目を取水しようとしています。
今年度中(来月?)に深層水の取水が開始されるようです。
近いうちに視察に行きたいと思います。

そして、学会が終わって、見学会。
なんとあのDHCは自社で海洋深層水を取水しています。
(お金のある会社は違いますね。何億かかったんでしょう。笑)
そこを見学させてもらいました。
飲料水から始まり、温泉、スパ、ボーリング場、宿泊所、等が作られており、まさに深層水リゾートができていました。

個人的に一番面白いのはここでした。

伊豆赤沢海洋深層水取水施設に漁協とDHCの名前が連名でのっている。なぜ?
と思っていたのですが、きいてみると、伊東市の漁業協同組合は、DHCが買い上げてDHCの会社の中に漁業部のようなものが作られているのだそうな。
そんなことが可能なんですね。
かってな深読みですが、深層水を取水する時に漁協がグタグタいって、ややこしいからDHCが買い上げたのでしょう。きっと。

まなびのある楽しい学会でした。
来年の学会は伊豆大島だー。


2011.11.26 Saturday 10:03
- comments(0)
山口牧場 TV放送

こんばんわ。
岡山、伊豆、広島、室戸と怒涛の移動を経て、熱を出し打っ倒れ新生蜂谷にパワーアップして復活しました。
最近はバタバタでブログ更新できていなかったんですが、これだけは!と思って今日更新です。
おいらのお気に入りの山口牧場。



佐喜浜の奥にあるここ。

室戸に友達が来ると大抵ここを案内する。
ホントに素敵な場所だから。

周りに家はなく、食べ物、フルーツは周りを見わたせばたくさんなってるし、夜になればそこはサファリーパークとなる。だから、野菜や果物は動物との取り合い。

空気はメチャクチャおいしくて、山を見れば、圧倒され吸い込まれそうになる。

後ろを振り返れば、そこは実は牧場。
一歩踏み込めば可愛い牛が興味をもって近づいてくる。
じつはこの牛さん達高級ブランド「土佐赤牛」!!

ふみこめばビビビっとくる素敵な場所。それがここだ。


「しんご牧場」
明日(11/25)PM8:00NHKにて放送予定



2011.11.24 Thursday 23:47
- comments(2)
知事との意見交換
 今日、知事が室戸に来ていました。

高岡漁協で大敷きの方々と意見交換会。

そこになぜか、自分も・・・。笑

知事がやってきました。
なかなか、威圧感があります。
なぜか、知事も僕のことをしっていてくれて、少しHAPPYになったり。笑

今回、トコブシ・アワビ・深層水で事業を起こしたいって話や、県のアクションプランへの違和感など、想いを知事にぶつけさせてもらいました。

結果はいろいろありましたが、
「頑張って」
でなく、
「頑張ろう」
って言葉が、心に響きました。

高知県を共によくしていきましょう。

おやすみなさい。


2011.11.14 Monday 00:32
- comments(2)
今必要なもの

ある程度、事業の採算性、可能性が見えてきた。

そんな今、自分に必要なもの足りないものがこの2日間で明確になった。

それは地元への巻き込み。

この2日間、とある縁で土佐市宇佐のウルメプロジェクトの方々とどっぷり話をさせてもらった。

今、勢いのあるウルメプロジェクトだが、なぜここまで勢いがあり成果を出しつつあるのかが分かってた。

自分なりの解釈ではあるがそれは成功へかけて必死に汗を流し笑い合う仲間がたくさんいる事。

まずは、中心となる企業組合。そして、漁師。漁協。行政。商工会。等たくさん。

これはある程度、形になってきたから集まってきたのではなく、最初から汗を共に流している仲間。

それに対し、今の自分の事業は主に動くのは、大学と行政。
つまり、ここには地の人間が混ざっていない。

一応、形上は漁協も共同でというかたちになっているが、実際にはノータッチ。むしろ働きかけてもノータッチ。笑
漁協というのは地元漁民があっての漁協であり、自分のプロジェクトに地元の人間混ざらずして漁協の人が動くはずもないというのも分かる気がした。

今、自分が動いていることがどんなに、室戸のため、漁協のため、地元のためと思える事業であってもそこに、本気で動く地元の仲間がいないと、ことはなかなか動き出さない。そう感じた。

だからって凹んでるわけでなくて、今後もっと地元の方々を巻き込んでいきたいなぁと思った。
上辺じゃなくて、本気になってもらえる仲間を。

そのための手法もバシッと思いつきました。

これは、凹どころか凸ですな。
なんせ、ポジティブですから。

本当に良い学びだった。
うさもんやの皆さん地域イノベータ養成アカデミー関係者のみなさん
良い機会をありがとう。



2011.11.05 Saturday 21:59
- comments(3)
取り組みをyoutubeにアップしました!
以前TVで放送された僕の取り組みです。

先日の授業を機にアップしました。
ご覧あれ~。 

室戸海洋深層水の徹底利用
室戸海洋深層水の徹底利用
http://www.youtube.com/watch?v=IhXhSOTK-ws

ん〜。
何度見ても自分を見ると気持ちが悪い。笑


2011.11.02 Wednesday 18:24
- comments(0)
環食同源
 本日、朝倉キャンパスで
「環食同源入門」という講義を90分使ってしゃべらせていただきました。

環境と食は同じ源にある。
持続可能な生産が可能といえることが、環境と食が同じ源にあるということを大切にするという意味であると思う。
それを室戸の88アワビプロジェクトとリンクさせて紹介しました。

話しだすと面白くなってきて、弾丸トーク。


学生も、真剣にきいてくれて、すごく気持ちよく話ができました。


なかなか普通では考えられない学生に対する学生の講義。
だからこそ、学生が学ぶことって本当に多いはず。響くはず。

それぞれ、感じる事や、思うことって全然違う。
何をどうとらえたかそれは全然わかんないし、どうだっていい。

事業の内容なんてどうでもよくて、
頑張ってる学生がいるのを知ってもらい、刺激を受け、より良い大学生活を送ってもらえるきっかけになれば、それ以上のことはない。


2011.10.31 Monday 20:02
- comments(3)
室戸市高岡地区の神祭
 昨日・一昨日と神祭でした。

1日は雨で神輿は出せなかったものの、

太刀踊りをしっかりと見させてもらいました。
100年以上前から続いているといわれている歴史ある祭り。
豊漁・豊作を祈願するお祭りです。

2日目は雲ひとつない天気で神輿を汗だくになりながら、担ぎました。
御褒美は、小さなジュース1本だけですが、今回の祭りかなり満足度が高かった。

お世話になってる高岡地区に少しでも恩返しができたようで、よかった。
実家の岡山でも神輿はあったが、こんなにしっかりした地域のイベントではないし、こういう田舎ならではのしっかりした繋がりが好き。

僕の子の代も孫の代もこんなかたちで、神祭りが続いていくといいな。


2011.10.24 Monday 23:22
- comments(0)
<< 3/19PAGES >>